映画『しあわせのパン』によせて

何度も観るお気に入り映画のひとつ、『しあわせのパン』。
北海道の月浦という場所で、カフェを営む夫婦と、そこを訪れる人たちとの物語です。

はじめて観たとき、主演の原田知世さんがあまりにもかわいくて、それを観たさに何度も観ているほど。
衣装も、インテリアも、そして月浦の風景も、とっても素敵なんです。
全体的に静かで、まったりとしていて、スローな感じもまたいいのです。
とにかく、わたしの「好き」な要素がたっぷり詰まった映画となっており、見るたびに心地よくなります。

そんな映画『しあわせのパン』のフォトブックが出ていることを知り、早速購入。

20150217135436d75.jpg

これでいつでもあの映画の世界をのぞけます。

2015021713545506c.jpg

そうそう。
主役の2人はカフェを営んでいるのでエプロン姿が多いのですが、そのエプロンがまた魅力的。
今年、時間ができたら、このエプロンを真似して作ってみたいと思っています。

201502171354103e1.jpg

キッチンの棚において、ちょっと息抜きしたいときに開いています。

>> しあわせのパンの季節 (Amazon商品ページへ)


関連記事