お母さん、片づけすぎないで

もう年末ですね。
みなさんのおうちには、サンタさんはきましたか?
クリスマスプレゼントをもらって嬉しい子ども達。
モノが増えて悩む親・・・

冬休み。
寒いから家で過ごす時間も長い。
子ども達がいて、家事もはかどらない。
今年はその状況と戦わず、極力家事を手抜きして過ごしています。
日ごろからできるときにできる場所を掃除しているので、大掃除もなし。

fc2blog_201612280810307ec.jpg

それで、家で子ども達と過ごしていると、散らかりますよぇ。
前はその状況に、無性にイライラしたんですよ。
でも最近、おおらかになったのか、自分が家事をがんばっていないからか、さほど気にならなくなっていることに気づきます。
それどころか、むしろそれを喜ばしく思ったりしている面もある。

fc2blog_2016122808060470e.jpg

よく観察していると、散らかっているほうが、子ども達が仲良く楽しそうに遊んでいるようなんです。

プラレールがレールとしてではなく、焚き火の木になっていたり、
黄色い橋がたまご寿司になっていたり、
動物のフィギュアが土になっていたり、
とにかく、その見立てっぷりには驚きます。

これはこうやって遊ぶもの、という固定観念にしばられていなくて、自由。
子どもの想像力ってすごいな~と感心すること多々。

fc2blog_20161228081033db2.jpg

もしかして、散らかってるほうが発想力豊かになる?みたいな。

いや、そもそも散らかってるんじゃないかも?

足の踏み場もないほど、おもちゃを広げまわして遊べるなんて、すっごい集中力ですよね!


近年の片づけブームは長いですが、きれいに整った部屋がぜったいいいなんて、言い切れない。
10年後にはその常識がひっくり返ってるかもしれないよ。

わたしは整理整とんが好きだから、整っている部屋が好きだし、片づけた方がいいと思う。
思うけど。
子どもにもそれを求めるのは、違うのかなぁ、と。

お母さん、片づけすぎないで。
たぶんわたしは他の人より、片づけたがりなので、自分への戒めとしてのタイトルです。

この自分の中に芽生えた違和感を無視せず、向き合っていきたいと思っています。


関連記事

0 Comments

Leave a comment