FC2ブログ

「書く」というセルフケア

「書くことをやめてはいけない」
ふとそういう思いがわきました。

最近、子どもに関連する用事で文章を書く機会があったんです。
それで仕方なくというか、用事を片づけたいので進めていたら、思いのほか心がすっと晴れてきました。

書きながら、気持ちが整理されていく気持ちよさ。
自分の中にあふれかえる情報をすっと沈めてくれる感じ。

それで、書くことをやめてはいけない、そう思ったわけです。

わたしの中の願いのひとつに、いい人でありたい、というものが強くあるので、こうしてブログなどを書くときには、とても慎重になってしまうところがあります。

誰かを傷つけはしないか。
それは正しいことなのか。
この記事は誰かの役にたてるのか。

そういったことを気にし始めると止まらなくて、時間がかかっていきます。
これは、HSPでエンパスである自分の特徴なのだと思います。

それで結局、何もしないのがラクだなと。
誰も傷つけず、自分も傷つかず、というラクな状態を保っていたのですが。
そうすると、どうやら自分の中にいろいろとたまってしまうみたいです。

誰かに話したり、日記に書いたり、というのも、ため込まないでいるためには役立っているようなんですが、こうしてブログに書いてオープンにするということにはそれとは違う解放感があるようです。
知らない誰かに読まれるかもしれないものとしてオープンにすることがカギのようです。
そうすると先に言ったように、時間がかかるのですが、そういう風に時間をかけて書くことが、そのまま自分自身の整理になっていて、かけた時間は無意味ではなく、むしろ時間をかける価値のあるものとして自分の中に残る。そんな感じです。

特に慣れない場所に出かけたり、刺激を多く受けた時ほど、それをすることでたくさん入ってきた情報を整理することが大事だと実感しています。
情報を整理するとは、自分にとって大切なものとそうでないものを分けて、大切なものだけ残す、ということです。
でも実際は、そういうときほど、あーもー疲れたーって何もする気がなくなっちゃうんですけど。

書くことも、自分のセルフケアというかメンテナンスとして続けていきたいと思っています。





関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ