クルミドコーヒーへ出かけて。

久々の更新です。
書きたいことが沢山あるのに、かたちにできないまま消えていく日々・・・

自分と家族の暮らしをていねいにまわしながら、それでも、外になにかを発信するだけの余力は、
降ってわいてくるものなんかじゃなくて、自分で意識してつくるものなんだろうな、と思い始めたこのごろ。

それでも。

整えた自分から発信したい、という思いは変わらないので、こうして時々「あ、今日は書ける」という時に書くことにしています。今のところは。
きちんと整理してから書きたい、という几帳面なわたしらしい。


先日、七夕の日に、西国分寺まで出かけてきました。
電車を乗り継いで片道約2時間。
お目当ては、クルミドコーヒー

このカフェを知ったのは、店主の影山さんが書かれた本を読んだのがきっかけでした。



こんなピュアな思いでビジネスを成り立たせている人がいる!

これまで自分が理想に思ってきたこと、
でも、そんなに甘くないって打ち砕かれてきたことを、
しっかりと、でもそれ以上に実現している人がいた。

そんな希望の光を、自分で確かめてみたかったのです。

とても凝ったつくりの店内。
階段で空間が仕切られていて、半個室のような感じのところも。
なんだか写真を撮るのは気がひけて、心の中に記憶することにしました。

おいしいコーヒー。
おいしい食事。
それと、それぞれが思い思いに好きなことをして過ごしている空気感。

伝票のかわりに店員さんがおいていった素敵なもの。
(ぜひ行ってみてのお楽しみ)

ここで過ごした時間は、とても大切なものになりました。


スローライフに心魅かれるけれど、すぐには今の生活を変えられそうもない。
なかなか理想に近づけない・・・
そんなモヤモヤとしていたわたしに、影山さんは、本の中でこう教えてくれます。

“ビジネスとスローの間をいくもの。
 「ゆっくりいそげ」。
 AかBか、ではなく、どっちも。” 

と。



関連記事