ラベリングはわかりやすくないと。

ろうか収納のラベリングを変えました。



「電池どこだっけ?」と聞かれること2回目。
はい、わかりにくいですよね、スミマセン、と認めざるを得ず。

前はこんな感じで、



無印良品のPPストッカー16個、すべてに連番をふり、小さなラベルシールを貼っていました。
あれどこ?と聞かれても、5番の引き出し~とか答えればいい仕組み。
引き出しの内側に、好きな模様をプリントした紙を貼り付けてピッタリにカットした段ボールを入れて目隠しに。
引き出しごとに柄が違って、それも好きだったのですが・・・

やっぱり、何度も聞かれるより、自分で探してほしい。
それに、こどもたちも使う場面が増えてきたし。


ここは、わが家のなんでもセンター。
家中の細々したものがほとんど入っている場所。
文房具や書類、薬や工具など、とにかく、だいだい、必要なものはここにあります。
1日に何度となく使うわたしは、すべての場所を暗記するほどだけど、だんなは覚えないみたい。

マステ

引き出しの表からマスキングテープを貼りました。
カモ井加工紙のmtCASAシリーズ
マットブラックの50mm幅を使って、つぎはぎ。

マステラベリング

その上からチョークで字を書いたけど・・・

マステラベリング

娘「これ、すぐに消えちゃうよ~」

マステラベリング

知らなかった。
娘がこうやって引き出しをしまっているとは。
手があたると、チョークの文字が消えてしまう・・・

チョーク風の手描きの雰囲気を残しつつも、あたっても消えないものは・・・?

マステラベリング

いろいろ考えて、クレヨンでやってみたら、うまくいきました!
消すときは、洗剤が必要だけど。

マステラベリング

引き出しを組み替え、現在は、14個で稼働中。
このPPストッカー、使いまわしやすくて、本当に重宝してます。


人によってやり方は違うってこと。
改めて娘に教えてもらいました。


ラベリングがわかりやすくなったかどうかは、様子見です・・・




関連記事

片づけ 収納 ラベリング 黒板 マスキングテープ プラ引出 PPストッカー