幸せおとりよせ手帳を使ってみる

2015年もあと1ヶ月。
今年はとってもマイペースに過ごせていて、1年が終わることに焦る気持ちもなく、ただただ、2015年が終わり2016年になるんだなぁ、といった感覚。
なんとも、幸せなことです。

息子が生まれてから、予定はカレンダーとスマホで管理するのみ。
それで十分でした。
でも来年は、その息子も幼稚園へ。
手があく時間が増えるなら、なにかはじめたい。
そう思って、手帳をさがしていました。

いろいろ気になる手帳があるなかでも、今いちばん心がひかれたこの手帳。

2016手帳

手帳セラピストさとうめぐみさん監修の 幸せおとりよせ手帳 で2016年を過ごしてみようと思っています。

もとはこんな表紙のデザインですが、カバーをとって使えるようになっており、シンプルで気に入っています。

2016手帳

2015年11月からスタートできるつくりになっているので、さっそく1ヶ月近く使ってみていますが、もういろいろと発見があって。
こういうツールっていいですね。
自分の生活を見直す新しい視点をいただけました。

手帳のはじめにある言葉を引用させていただくと、

“これまで ToDo だらけの手帳術で挫折してきたのは、「本当は○○したいのに!」という気持ちを無視してきたからかもしれません。”

ドキッ!

“日々に充実感が持てないのは、仕事や雑事の予定ばかりで、「ワクワクすること」を後回しにしてきたからかもしれません。”

はい、それはわたしのことです!

これまで、がんばってきたことは否定しませんよ。
必要だ(と思った)からそうしてきたし、そのときそのときベストをつくしてやってきたつもり。それでよかった。そう思っています。

でもそろそろ、自分のことにも寛大になっていいんじゃないかな、って最近思うんですよね。
家のことでもなく、こどものことでもなく、旦那のことでもなくね。

だからといって、家事をしないとかっていうことじゃなくて。

家の仕事も、子どもとの時間も、家族の時間も、旦那との関係も、とっても大事。
それらはすでにわたしの一部。
でも、本当はこうしたい、っていう今まで聞いてあげられなかった自分の中の声を、これからはもう少し聞いてあげたいし、聞いてあげられるようになっていく、そんなタイミングのような気がしていて、この手帳がその助けになってくれるといいなと思います。


使い方は、最初に1年間のプラン「イヤープラン」をたてて、それをマンスリーページ→ウィークリーページへと落とし込んでいく感じです。
というと、なんか、仕事のプランや自己実現プランみたいな壮大なものを思い浮かべてわたしには合わないと思ってしまいそうですが、やってみると、意外と自分にしっくりくるものができました。

ちなみに、わたしは、『ワクワク楽しい1年にしたい!』というのが2016年の夢です!

それを夢っていうのかわかりませんが、わたしの心の声を聞いていくと出てきた答えはこれでした。

現状への満足度が高いのか、志が低いのか・・・
大きなテーマを目指して向かっていくということよりも、日々、コツコツとできることをやっていく、そんな中に幸せを見いだしているわたしです。


マンスリーのページに、「やれたらいいな」とそれに対する「ふりかえり」の欄があったり、

2016手帳

ウィークリーのページに、「やりたいこと」「やること」を分けて書く欄や、うれしかったことなんかを書く欄もあったりして、

2016手帳

・自分の気持ちが見えやすい。
・「やること」と「やりたいこと」を分けて考えやすい。


というのが、わたしがこれまで使ってきた手帳と大きく違うところだと実感しています。


あと、新月の願い事を書くページもあるので、別のノートが必要なくていいです。

2016手帳


わたしにとっての大きな発見は、
いかに自分を喜ばせるために時間を使っていないかということ。
それがみえてきたことです。

手帳は5色ペンを使い、色分けして書くルールになっているんですが、それによって何にどれくらい時間を(心を)使っているかが目に見えてくるのです。

わたしは〈仕事(わたしの場合は家事)〉〈プライベート・ワクワク〉〈重要・体調〉〈日常生活〉〈夢・目標〉の5色の色分けに、〈こども〉の1色もプラスして、6色で色分けしているのですが、青と水色だらけというありさま。
つまり、〈家事〉と〈こども〉の用事ばかりの生活という現状が浮き彫りになったというわけです。

自分の「楽しい」のために時間を使っていない!

そりゃぁ、楽しくないよね。

気づいたら、意識して緑〈プライベート・ワクワク〉やオレンジ〈夢・目標〉のペンを使って予定を立てるようになってきました。
そして書いたら、まじめだからちゃんとやりとげようとするんです、わたし。

そうして、半強制的に(?)自分のために時間を使う練習をしているこのごろ、少し体が軽くなってきて、イライラすることも減ってきたような気がしているんです。

fc2blog_201512010821025b0.jpg

色分けのルール、覚えるまで、こうしてマステに項目を書いてペンに貼ってます。

こうして手帳に書いてみることで、客観的に自分の暮らしを見つめなおすことができるんですね。



関連記事

さとうめぐみ 幸せおとりよせ手帳 手帳 スケジュール 時間